スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by LOGPORT運営事務局 at

2014年01月27日

自分にはドアが開いた

トンネル入り口に近い」の前には、とてつもなく善意の警告版:トンネルに入ったので灯がともった。

暗いトンネル内明かりを開けて、ランプのメリットが多い。數學精補班前方車両運転できるメリットがあると、ひっさげ、同を缓和する同せっかちであっての判断の根拠だ。前方車両も通過できるバックミラー気づかな存在で、変(か)道によろしくお愿いします。後方に車でもはっきり見抜いてあなたの愛車のテールライトやすい容易に追突の安全距離を置いている。

ヘッドランプを开いて、学校でが弱いの生命に赤信号がともっだった。

にも関わらずよく進トンネル、电気をつけないでの運転手は、もしかしたら彼らは内部で、目が悪くなかったが、はっきりと見て;回転してみようかもしれない億劫灯のスイッチを入れ、思ってました;忘れて、いつも迷っていたかもしれない。とにかく、电気をつけないでは自分の安全をないがしろにしては、他の車の昨日今日のことではない。油断は、非常に直接の火種を残すことになる。油断、失われたかもしれないという点で、自分の性格は荆州だけ自分の目に见えぬものが死体を聞けない他人の不幸だった。

血生臭い痛快な教訓を無数に多くの人间には自分がそれほど背中とは考えていないで、多くの人は時々会期だ。悲劇は僥倖に意外な一瞬であり悲劇を悔棋誰に対しても許可していない。幸い、命を失った人を知らないだろう悲しいしました。もし本当の人は魂を、霊的な瞬间を离れて体のではないかを责められない所寄生体のだろうか。

车の运転だけではなくて、生活の中で多くの时间は自分でランプを自分のライトアップは他人を何乐不为だったのだろうか。

は広々した駐車場に、リモコンのキーを押してみて双闪灯が簡単に見つけた。

冬の夜に冷たい風が幅を利かせているし、夜は蛍光灯、夜間の自律学習から戻ってきた子遠くでそれを確認できる家のぬくもりを感じた。泥棒てみた窓に飛び込んだきわめての光も去っていった。中學數學練習光驱离だけでは寒いですね。

海ばかりだったのですが、潮涨潮落、一部の岩礁にも消えた。ひとつ航标灯、漂流した船のわかってるけどの方向を示して、旅人の荷の心を語りかけて强いよ。

先生のお話はランプが、色とりどりの远方。憧れは付いて灯!長い。

テキストはランプ、直接扱お入って科学の殿堂である。テキストを失って、人类一晩で原始社会に戻る。

星がランプがあって、童話そこは天国だ。天国で样すばらしいだから、そんなに多い星明かり点灯さも残さずに陰湿なところがあります。

幼いころ、夜中の悪夢を見てあげました。お婆さん点灯された兵児帯には、小豆苗のようにかすかな光進めるように震える心を镇めた。明かりを消しては力ですね。

失败しても、苦難、悲しくて、自小まで、谁もが川止めに何回か。川止めに不幸なのであろうか、でなければ放棄の過失があったが、あるいは天の意思であり、ある人が心身ともに無力感を万念俱灰だった。この時期には、先に何も考えずに、何もしなくていい、自分はゆっくり休んでしばらくられれば、万物が静かに過ごした冬が必要だ。悲しい时、休む暇もしていて、时间は、お大事に。

いささかの冰期から、この明かりがひとつ希望の灯が好転していると、心があって、结局の生きている方に努めて生きていきたい。悲しいときに见えない風景を涙を拭いて乾かすが见えた。冬も终わり、新入生たちの春景当初よりもっと美しくて、もっと生きだった。沐ながら爽やかな风を浴び、俗离れの雨を见ながら、心の中に灯がわかれば、燃え上がる色濃い活気が出ている。成は万物の夢を育んでいた。眼を折られ裂けた木の枝で、涙のような血は、伤口を出してステップ**この上ない。は何を木の力があろう。阳と太阳が木の明かりをつけた。光合成のエネルギーを、誰がさえぎるだったのだろうか。

気になると、当の、イム七彩回転灯を珍重して上品に15人があって、人に夢中になると、人を引か不思议帰って行く。安易な対応をとくと、人の思想をまるでばねゆっくりと安堵したようだ。だんだんで、情热冷め、闘志が退却で、未練温床未老先衰だった。蛙の話を思い出してぬるま汤で煮たのではないか、ためにどきどきだったのだろうか。

运命はのときも、気を开くランプをしてみよう、順運のうしろに隠されていたのではない。

誰でも冬の日の長照さえあれば、誰でも希望夏清涼剤で濡れてしまった。季节のだけ変換どこから来る世の中のは多彩だ。宝の持ち腐れ季节は本当にけし変換する世の中かもしれないん膠原自生 人間が誕生したのだ。温室の中の草花は、風雨ぐらい寒い冬のだった。人には永远にぼうっとして温室の中では、長い一生のうち数人が安らか太平ですか?安らか師承は太平の静かすぎる命の跡しかなく、生命の態度は、ハエの幼虫は虫に揺らしながら醜怪な污れた体をしていた。

人の人生は、すべてを維持しなければならない危機意識をもって、気持ちを暗くは楽しかった。いつでもどこでも開ランプをどこからは死角がやったようにどこへ向かっていたら、私は迷うと迷っています。魔鬼も闇である。随時開ランプを自分の颜を镜照见自分の形が変わることが立派になったかが変になりました。自分を见てきただろうが、一の再が間違っていた。
  


Posted by 狗尾草 at 17:57情感